住宅 リフォーム L型キッチン

40.png

さまざまあるキッチンのタイプの中のひとつに「L型キッチン」があります。

このL型キッチンは、シンク(洗い場)とコンロの部分が90度で向かい合っています。
そのため、「体の向きを変えるだけ」という短い移動距離ながら作業(調理)スペースは広く確保できます。

したがって、L型キッチンは
・効率よい調理をしたい
・複数の人での調理をしたい
という希望がある場合は向いているタイプです。

ただし、L型キッチンにもデメリットはあります。

まず、キッチンとしてのスペースを広く確保しなければならないので、その分、リビングやダイニングが狭くなるケースがあります。
また、シンクとコンロの位置を重視しすぎると、食器棚や冷蔵庫の配置が難しくなる可能性もあります。
さらに、90度に曲がっているコーナー部分を収納スペースとして活用することも考えられますが、その場合は中に入れたモノが出し入れしづらいです。


40-2.png


そのため、もし、広めのスペースが確保しにくいなどの事情がある場合はシンク・調理スペース・コンロが一列に並んでいる「I型キッチン」も検討したほうがイイかもしれません。